腸管癒着症<食道・胃・腸の病気>の症状の現れ方

 腹痛や腹部違和感などです。腹痛の程度は、激しい腹痛から鈍痛などの愁訴までさまざまです。吐き気を伴うこともあります。症状が突然悪化した場合は、腸閉塞を考えます。

腸管癒着症<食道・胃・腸の病気>の診断と治療の方法

 特殊な治療はなく、便秘に注意したり、適度な運動をするなど生活習慣上の注意が中心になります。便秘時に症状が強い時には消化剤や緩下剤、場合によって漢方薬を処方することもあり、人により明らかに効果を認めることもあります。