直腸瘤<直腸・肛門の病気>の症状の現れ方

 いきんでも便が出にくいといった排便困難が主な症状で、そのほかに残便感、腟の違和感、会陰部(えいんぶ)の重苦しさといった症状が現れます。なかでも、腟の中に指を入れて押さえると排便しやすいというのは、直腸瘤に特徴的な症状です。
 直腸瘤がある人の多くは、肛門括約筋(こうもんかつやくきん)の強さは正常ですが、なかには肛門括約筋が弱いため便失禁を伴う場合もあります。
 排便時の出血や肛門からの脱出は直腸瘤の症状ではなく、痔核(じかく)などの肛門疾患を伴う場合にみられます。

直腸瘤<直腸・肛門の病気>の診断と治療の方法

 直腸瘤は、とくにわずらわしい症状がなければ、治療の必要はありません。
 便が出にくい場合は、まず緩下剤(かんげざい)や坐薬を使いますが、それでも排便困難が解消せず、腟のなかに指を入れていきむと出やすいという場合は手術になります。手術は腟と直腸の間の組織を縫合して壁を補強するもので、肛門から行う方法と腟から行う方法があります。