排便障害は、便秘と便失禁に大きく分けられます。
 なお、便秘や便失禁は病気ではなく症状です。

便秘(べんぴ)

排便障害とはどんな障害か

 便秘には、排便回数が少ない(3日に1回未満、週2回未満)、便が硬い、いきまないと出ない、残便感がある、便意を感じない、便が少ないなど多様な訴えが含まれます。その頻度は全人口の2〜12%くらいと考えられ、一般に年齢とともに増加し、また男性よりも女性に多くみられます。

原因は何か

 ほとんどの便秘は、腸のはたらきに原因があります(機能的便秘(きのうてきべんぴ))。
 大腸の便を送り出す力が弱いと、便の回数や量が少ないタイプの便秘になります(弛緩性便秘(しかんせいべんぴ))。
 直腸のはたらきに原因があると、便意を感じないとか、いきんでも便が出にくいタイプの便秘になります(直腸性便秘(ちょくちょうせいべんぴ))。
 また、大腸の緊張やけいれんにより、便がとどこおりやすいために起こる便秘もあります(けいれん性便秘)。
 腸のはたらきに影響を与えるものとしては、食事、生活習慣、運動、ストレスなどがあります。
 食事として摂取する食物繊維の量が少ないと、便が小さく硬くなり、大腸を通過しにくくなります。トイレをがまんする習慣は便意を感じにくくさせ、寝たきりなどで体を動かさなくなると腸の蠕動(ぜんどう)が弱くなり便秘になります。また、ストレスは脳を介して腸のはたらきに影響することがわかっています。
 大腸がんクローン病といった、大腸が狭くなる病気で起きる便秘症状は、器質的便秘(きしつてきべんぴ)と呼ばれます。これらの病気の原因はまだよくわかっていませんが、環境、遺伝子、食べ物などの多数の因子が関与して発症すると考えられています。

症状の現れ方

 便秘症状の現れる時期はさまざまです。一般には、高齢になるにしたがって増える傾向にありますが、若い女性の便秘は思春期のころに始まることも少なくありません。
 旅行や生活の変化に伴う数日間だけの一過性の便秘(単純便秘)と、症状が1〜3カ月以上続く慢性便秘があります。
 それまで規則的であった排便が便秘に変化した場合や、便に血が混ざるとか、腹痛を伴うような場合は、前述の器質的便秘が疑われるので、早めに検査を受ける必要があります。

検査と診断

 器質的便秘が疑われる場合は、まず大腸の検査を行います。これには注腸X線検査と大腸内視鏡検査があり、ポリープやがん、炎症性腸疾患などを診断します。
 機能的な慢性便秘を詳しく調べる検査として、X線マーカーを服用して大腸の通過時間を調べる検査や、バリウムによる模擬便(もぎべん)を用いて、排便時の直腸の形や動きを調べる排便造影検査があります。

治療の方法

 食事・生活指導、運動、緩下剤(かんげざい)といった保存的治療法が主体となり、これらをうまく取り入れて便通をコントロールするようにします。日常の食生活で不足しがちな食物繊維を補うためには、市販の食物繊維サプリメント(オオバコ、小麦ふすまなど)を活用するのもよい方法です。
 緩下剤は、腸への刺激がなく、水分を保持して便を軟らかくする酸化マグネシウムなどの塩類下剤を主体として使用します。センナ系、漢方などの速効性の刺激性下剤は、できるだけ常用しないように心がけます。刺激性下剤を常用すると、次第に腸が下剤の刺激に慣れて効果が鈍くなり、ますます便秘が悪化することがあるためです。
 直腸瘤が便秘の原因となっている場合は、その症状と大きさから判断して手術で治療することもあります(直腸瘤)。

便失禁(べんしっきん)

排便障害とはどんな障害か

 便失禁は便意をがまんできずに、または無意識のうちに便がもれることをいい、便秘と同様に病気ではなく排便障害の症状のひとつです。

原因は何か

 一般に便失禁は、肛門をしめる筋肉(肛門括約筋(こうもんかつやくきん))のはたらきが低下したために起こります。これには、分娩や肛門手術によって肛門括約筋がダメージをおって弱くなることが原因の場合(外傷性括約筋不全(がいしょうせいかつやくきんふぜん))と、とくに原因がなく自然に括約筋のはたらきが低下する場合(特発性括(とくはつせいかつ)約筋不全)があります。
 また、加齢により骨盤底の筋肉全体が弱くなることや直腸の感覚が鈍くなること、さらに下剤の乱用が失禁の要因となることもあります。

症状の現れ方

 便意を感じないままに自然に便がもれてしまうタイプ(漏出性便失禁(ろうしゅつせいべんしっきん))と、便意をもよおしてからトイレに行くまでがまんできずに失禁してしまうタイプ(切迫性便失禁(せっぱくせいべんしっきん))、また、これらの両方を併せもつタイプがみられます。
 自然に便がもれてしまうタイプは、無意識での肛門のしまりが弱くなっており、高齢者や直腸脱の患者さんなどに多くみられます。がまんできずに失禁してしまうタイプは、意識的に力を入れた時のしまりが弱くなっており、分娩時の会陰裂傷(えいんれつしょう)や複雑痔瘻(ふくざつじろう)の手術後などに多くみられます。
 また、直腸に固まった便が詰まっている時に下剤を飲むと、固まった便のまわりを下痢便がつたって失禁することがあります(オーバーフロー型便失禁)。

検査と診断

 診断は症状から明らかです。肛門括約筋のはたらきを詳しく調べる検査としては、内圧カテーテルを用いて肛門括約筋の力を測定する肛門内圧検査と、肛門括約筋の形状を超音波画像として描き出す肛門管超音波検査があります。

治療の方法

 対策は、まず失禁が減るように排便をコントロールすることです。特定の食べ物や飲料で下痢や軟便になりがちな人は、それらをひかえるように注意します。
 また、便秘で刺激性下剤を服用している場合は、塩類下剤(酸化マグネシウムなど)に変更して下痢や軟便にならないようにコントロールします。普段から下痢や軟便が多い人は、便を固める作用のある止痢薬で有形便にコントロールすることも有効です。
 排便後しばらくして失禁する場合は、排便のたびに坐薬や浣腸を使用し、直腸内の残便をなくすように試みることが有効な場合もあります。突然の失禁に対しては、一時的に便の排泄を抑える肛門用タンポン(アナルプラグ)を使用するのもひとつの方法です。
 分娩時の会陰裂傷などで肛門括約筋に明らかな損傷がある場合には、括約筋を縫合する手術(括約筋形成術)を行うと失禁症状の改善が得られます。