肛門小窩炎とはどんな病気か

 直腸と肛門の境目の歯状線(しじょうせん)は凸凹していますが、その凹の部分の小さなくぼみである肛門陰窩(いんか)(肛門小窩)に汚物が詰まり、炎症を生じ、肛門部に重苦しい疼痛などの症状を来した病気です。

原因は何か

 肛門小窩は肛門全周で6〜11個あり、くぼみの深さは1mm程度です。人によっては、そのくぼみが深かったり、汚物が詰まって炎症を起こしやすい形になっていることがあります。
 下痢をして水様便になったりすると、そのくぼみに汚物が入って詰まり、炎症を生じます。

症状の現れ方

 排便と関係ない重苦しい肛門の痛みが現れます。その痛みは長く座っていることで強まったりします。
 診察の時に肛門部に指を入れて調べると、炎症を起こしている肛門小窩の部分に一致して痛みがあります。

治療の方法

 保存的に治療します。炎症を抑えるように、坐薬、軟膏などの外用薬や内服薬を使用します。
 保存的治療で効果がない時は、外来で炎症を生じている肛門小窩に、痔核(じかく)を固めるのに使用する硬化剤、5%フェノールアーモンド油を注射します。それでも効果がない場合は、手術的に小さなくぼみを切り開きます。

肛門小窩炎に気づいたらどうする

 誘因となる下痢を防ぐようにします。重苦しい痛みがある場合は、痛みを和らげるために肛門部を温めます。外用薬を使用し、炎症を抑えるのも良い方法です。