肛門皮垂(スキンタグ)とはどんな病気か



 肛門の周囲にできた皮膚のたるみのことです(図17)。
 多くは嵌頓痔核(かんとんじかく)、血栓性外痔核(けっせんせいがいじかく)、裂肛(れつこう)などにより一時的に肛門部がはれ、その後、はれが萎縮したあとにしわとなって残ったものです。なかでも肛門前方にできるものは女性に特有で、出産後や裂肛が長期間存在した時にできます。

症状の現れ方

 裂肛や肛門周囲の湿疹などに併発することが多いので、肛門部の違和感やべとつき、かゆみ、便が拭ききれないなどを訴えます。
 徐々に大きくなるので本人は気がつかないのですが、大きくはれたり、便秘でむくむと苦痛を伴います。

治療の方法

 皮膚の清潔を保ち、便通を整え、併存病変の保存的治療を行うことにより、多くは症状が改善します。しかし、皮垂は消失しません。保存的治療でも症状が消失しない場合には、切除するとすっきりします。