肛囲皮膚炎とはどんな病気か



 肛門周囲から臀部にかけての皮膚に、内因性、外因性の炎症が生じ、浮腫(むくみ)、びらん、肥厚、色素沈着などを起こしたもので、掻痒(そうよう)(かゆみ)を伴います(図22‐a)。肛囲湿疹(こういしっしん)もここに含まれます。

原因は何か

 頻回の下痢や肛門部の発汗、便の付着などで、本来弱酸性であるべき肛門皮膚の抵抗力が弱まり、炎症を起こしたものです。成人では下痢、長時間のドライブ、シャワートイレの過使用、女性では腟炎、生理、幼児では肛門の手入れの不備などが原因で発生します。

症状の現れ方

 急性期には皮膚に浮腫性紅斑を生じ、そこへ漿液性丘疹(しょうえきせいきゅうしん)ができて、小水疱(しょうすいほう)から膿疱(のうほう)、かさぶたへと進み、治癒に至ります。慢性化したものは皮膚が肥厚し、苔状になったり、色素沈着を残したりします。症状は肛門のかゆみ、ただれ、べとつき、分泌物です。引っかくと余計に病変が拡大します。


 まれに、丘疹を生じるものに痛みの強い帯状疱疹(たいじょうほうしん)があります。左右どちらかに偏在するのですぐわかります。区別が必要なのは、片側にできる帯状疱疹(図22‐b)と悪性化もあるパジェット病図22‐c)です。

検査と診断

 肛門部の微生物の検索には局所の微生物培養が大切で、細菌、カンジダなどの真菌(しんきん)、酵母、雑菌などの区別をします。

治療の方法

 培養は、結果が出るまで2週間かかるので、まず肛門を清潔にして、石鹸などによる刺激を加えないで抗真菌薬軟膏、ステロイド軟膏を塗ります。

肛囲皮膚炎に気づいたらどうする

 まず肛門を清潔に洗い、アルコールや香辛料を控え、誤った治療は行わないで、肛門専門医か皮膚科医にかかってください。