膵胆管合流異常<肝臓・胆嚢・膵臓の病気>の症状の現れ方

 膵液が胆管に逆流すると、胆管の壁が損なわれ、胆管炎胆嚢炎、胆石などを合併し、時に胆管が拡張したりします。一方で、胆汁が膵管に逆流すると、急性膵炎を繰り返したり、膵石ができたりするため、腹痛、黄疸(おうだん)、発熱、嘔吐、腹部腫瘤(しゅりゅう)などさまざまなおなかの症状が現れます。
 また一方では、無症状で経過し、成人になって定期健診の超音波検査で胆嚢や胆管の異常を指摘され、精密検査で判明することもあります。

膵胆管合流異常<肝臓・胆嚢・膵臓の病気>の診断と治療の方法

 胆管炎胆嚢炎膵炎などの合併症があれば、まずそれらの内科的治療が行われます。
 いったんよくなっても、症状が繰り返されるだけでなく、胆管がんの発生率が高いことなどから、最終的には手術が必要と考えられています。
 手術は胆管が太くなっているかどうかの状態などにより、手術方法が異なる場合もありますので、そのためにも正確な診断が必要となります。手術後の予後は良好ですが、長期の経過のなかでは、胆管炎を再発することなどもあるので、経過をみていくことが必要です。