胆嚢摘出後症候群<肝臓・胆嚢・膵臓の病気>の診断と治療の方法

 検査により何らかの異常が見つかれば、それぞれの診断に応じた治療が必要となります。これについては本書の各項目をご覧ください。
 胆嚢摘出後症候群の場合、胆汁の流れをよくする薬や、胆管の機能を改善するような薬などを内服することにより治療を行っていきます。