急性腎盂腎炎<腎臓と尿路の病気>の症状の現れ方

 寒気や震えを伴った38℃以上の高熱や、腰や背中の痛み、尿のにごりや頻尿、残尿感などの膀胱炎の症状などが認められるほか、尿に血液が混じることもあります。

急性腎盂腎炎<腎臓と尿路の病気>の診断と治療の方法

 できるだけ安静を心がけ、水分を多くとるようにします。薬は抗生剤を投与しますが、細菌の種類によって効く抗生剤の種類も違うので、尿の培養検査で細菌の種類と抗生剤の感受性を調べる必要があります。また、高熱が原因で脱水症状がある時は点滴が必要となります。
 基礎疾患の有無にもよりますが、通常は1週間程度で軽快します。完全に治すことが重要で、自己判断で抗生剤の服用をやめたりすると慢性化のおそれがあるので、内服は確実に行うようにします。