下部尿路結石の診断と治療<腎臓と尿路の病気>の診断と治療の方法

 治療法は経尿道的尿管砕石術(TUL、コラム)と同様の方法で砕石します。亀田式膀胱砕石器で膀胱鏡下に破砕する方法もあります。
 鶏卵大以上の大きな膀胱結石の場合には、開放手術を選択することもあります。これは、下腹部皮膚を切開し、膀胱を切開して結石を取り出す手術法です。
 結石が外尿道口に近ければ、鉗子(かんし)や鑷子(せっし)(ピンセット)でつまんで摘出することが可能ですが、後部尿道の場合には金属ブジーや尿道バルーンカテーテルで一度膀胱内に押しもどしてから砕石を行うことがあります。膀胱内にもどらない場合には、麻酔下でTULのように尿道砕石を行います。