水尿管症<腎臓と尿路の病気>の症状の現れ方

 病態が急激に起こった場合には尿管結石の症状と同様に、疝痛(せんつう)発作といわれる激烈な腰背部・側腹部・下腹部痛が生じます。しかし、原因が先天的なものや腫瘍などの浸潤で徐々に生じた場合には、ほとんど自覚症状がない場合もあります。
 先天的な病気では、健診や人間ドックで指摘されるまでは気づかないこともあります。そのため、先天的な病気による水腎・水尿管症は病態としては進行していることが多いのです。

(1)腎盂尿管移行部狭窄
 片側(左側に多い)または両側の腎盂と尿管の移行部の狭窄が原因で、男児に多く起こります。健診・人間ドックで指摘されるまで無症状なこともあり、発見時に著しい水腎症を示していることがあります。
 診断は、CTスキャンや静脈性腎盂造影と逆行性腎盂造影(膀胱鏡下に尿管口からカテーテルを挿入して造影する検査法)により行います。機能検査では、腎シンチグラム、レノグラムが行われます。形態的に水腎・水尿管症が改善し、腎機能の改善が得られる見込みがある場合には、年齢などを考慮して手術を行います。

(2)下大静脈後尿管(かだいじょうみゃくこうにょうかん)
 静脈系の発生異常によるもので、右尿管が下大静脈の後方を回旋するように走行する病気です。これも健診・人間ドックで初めて指摘されることが多く、自覚症状はあっても右腰背部の鈍痛程度です。
 診断は腎盂尿管移行部狭窄と同様な検査を行います。この場合も、水腎・水尿管症の程度、改善の見込み、年齢などによって手術するかどうかを決定します。

(3)後部尿道弁
 男児の後部尿道に弁状の膜ができる先天性の病気です。出生後まもなく排尿状態の不良(尿がしたたるようにしか出ない)や、著しい両側水腎・水尿管症(すいにょうかんしょう)のために腹部腫瘤(しゅりゅう)として気づかれることもあります。
 このため、腎機能障害を起こしている場合もあり、まず腎機能改善の目的で腎瘻(じんろう)造設を行います。そのあと、内視鏡下に小児用切除鏡で尿道弁を切除すると、水腎・水尿管症も改善します。

(4)尿路結石

(5)泌尿器科領域の悪性腫瘍
 腎細胞がんが尿管を圧迫した場合や、腎盂尿管がん・膀胱がん・前立腺がん・尿道がんによる尿路閉塞のため水腎・水尿管症を起こした場合などです。
 膀胱がんの場合には、膀胱・腎盂・尿管ともに同じ移行上皮でおおわれていて、約5%に腎盂尿管(じんうにょうかん)がんが合併します。腎盂尿管がんは後述のように、腫瘍による尿路通過障害を起こし、水腎・水尿管症を呈します。このため、膀胱がんの場合にはCTや静脈性腎盂造影などでの上部尿路の検索が不可欠です。
 前立腺がんは、排尿困難・尿閉(にょうへい)(尿が膀胱から出ないこと)を起こすだけでなく、膀胱および下部尿管に浸潤すると、片側または両側の水腎・水尿管症を示します。
 尿道がんは比較的まれですが、尿閉による両側の水腎・水尿管症を示すことがあります。
 泌尿器科領域の悪性腫瘍の治療は、根治性がある(手術で治癒する)場合は根治術を行います。
 腎細胞がんでは根治的腎摘除(じんてきじょ)術、腎盂尿管がんでは腎尿管全摘除術、膀胱がんでは膀胱全摘除術が適応となります。尿閉以外で水腎・水尿管を起こす前立腺がんの場合は、進行がんなので、根治的手術は行わず、ホルモン療法と放射線治療を行います。
 尿路悪性腫瘍の進行がんの場合には、多剤併用の抗がん薬治療を行います。また、腎後性腎不全(じんごせいじんふぜん)を来している場合には、腎瘻(じんろう)造設を行います。

(6)泌尿器科領域以外のがん
 胃がんの腹膜播種(はしゅ)・リンパ節転移・膀胱直腸窩(か)(腹腔内でいちばん底になる部位)での腫瘤(腫瘍)形成などにより、両側の水腎・水尿管症を起こします。両側性で進行した場合には、腎後性腎不全(両側尿管完全閉塞による腎不全)になることがあります。結腸・直腸がん、子宮がん、卵巣がんでは、膀胱または尿管への直接浸潤により尿路閉塞を生じ、同様な症状を示します。
 診断は超音波、CT、MRIを用いて行います。
 悪性腫瘍が浸潤した場合は、尿管ステント留置または腎瘻造設術を行い、腎後性腎不全の改善を図ります。

(7)腎嚢胞
 腎細胞がんと同様に尿管を圧排した場合に、水腎・水尿管症を起こすことがあります。

(8)結核
 現在では少なくなっていますが、尿路結核がみられることがあります。長期の炎症の結果、腎杯頸部(けいぶ)の狭窄、腎盂尿管移行部の狭窄、尿管全体の狭窄、膀胱萎縮(いしゅく)が生じ、水腎・水尿管症を起こします。抗結核薬による治療後に狭窄が認められることもあります。

(9)外傷によって尿管の損傷を来した場合
 この場合も水尿管症を示します。尿管ステント留置、尿管拡張、尿路再建などの処置を行います。

(10)泌尿器科手術により尿路損傷を生じた場合
 経尿道的に処置することが多く、尿道拡張、尿管拡張、尿管ステント留置を行います。
 消化器や婦人科での手術中に尿管を損傷した場合は、尿管が完全断裂していることもあります。この場合は尿管の端々吻合(たんたんふんごう)(切断端同士を吻合する)、尿管ステント留置が必要になります。
 術中に尿管損傷に気がつかない場合、患者さんは術後、腰背部の鈍痛を訴え、腎超音波を行って初めて水腎・水尿管症が判明することがあります。この場合、尿路の近くに尿がもれて尿瘤(にょうりゅう)を形成したり、感染を合併している場合は発熱や炎症所見を示すこともあります。膿瘍(のうよう)を形成した時は、抗菌薬投与とドレナージ(膿排出の処置)を行います。

(11)後腹膜線維化症(こうふくまくせんいかしょう)
 原因不明の尿管を圧迫する病気で、水腎・水尿管症を呈します、時に膠原病(こうげんびょう)を合併していることもあります。ステロイド薬の投与で改善する場合や、尿管ステントを留置して水腎・水尿管症を改善させる方法があります。

水尿管症<腎臓と尿路の病気>の診断と治療の方法

 病態が急激に起こった場合には尿管結石の症状と同様に、疝痛(せんつう)発作といわれる激烈な腰背部・側腹部・下腹部痛が生じます。しかし、原因が先天的なものや腫瘍などの浸潤で徐々に生じた場合には、ほとんど自覚症状がない場合もあります。
 先天的な病気では、健診や人間ドックで指摘されるまでは気づかないこともあります。そのため、先天的な病気による水腎・水尿管症は病態としては進行していることが多いのです。

(1)腎盂尿管移行部狭窄
 片側(左側に多い)または両側の腎盂と尿管の移行部の狭窄が原因で、男児に多く起こります。健診・人間ドックで指摘されるまで無症状なこともあり、発見時に著しい水腎症を示していることがあります。
 診断は、CTスキャンや静脈性腎盂造影と逆行性腎盂造影(膀胱鏡下に尿管口からカテーテルを挿入して造影する検査法)により行います。機能検査では、腎シンチグラム、レノグラムが行われます。形態的に水腎・水尿管症が改善し、腎機能の改善が得られる見込みがある場合には、年齢などを考慮して手術を行います。

(2)下大静脈後尿管(かだいじょうみゃくこうにょうかん)
 静脈系の発生異常によるもので、右尿管が下大静脈の後方を回旋するように走行する病気です。これも健診・人間ドックで初めて指摘されることが多く、自覚症状はあっても右腰背部の鈍痛程度です。
 診断は腎盂尿管移行部狭窄と同様な検査を行います。この場合も、水腎・水尿管症の程度、改善の見込み、年齢などによって手術するかどうかを決定します。

(3)後部尿道弁
 男児の後部尿道に弁状の膜ができる先天性の病気です。出生後まもなく排尿状態の不良(尿がしたたるようにしか出ない)や、著しい両側水腎・水尿管症(すいにょうかんしょう)のために腹部腫瘤(しゅりゅう)として気づかれることもあります。
 このため、腎機能障害を起こしている場合もあり、まず腎機能改善の目的で腎瘻(じんろう)造設を行います。そのあと、内視鏡下に小児用切除鏡で尿道弁を切除すると、水腎・水尿管症も改善します。

(4)尿路結石

(5)泌尿器科領域の悪性腫瘍
 腎細胞がんが尿管を圧迫した場合や、腎盂尿管がん・膀胱がん・前立腺がん・尿道がんによる尿路閉塞のため水腎・水尿管症を起こした場合などです。
 膀胱がんの場合には、膀胱・腎盂・尿管ともに同じ移行上皮でおおわれていて、約5%に腎盂尿管(じんうにょうかん)がんが合併します。腎盂尿管がんは後述のように、腫瘍による尿路通過障害を起こし、水腎・水尿管症を呈します。このため、膀胱がんの場合にはCTや静脈性腎盂造影などでの上部尿路の検索が不可欠です。
 前立腺がんは、排尿困難・尿閉(にょうへい)(尿が膀胱から出ないこと)を起こすだけでなく、膀胱および下部尿管に浸潤すると、片側または両側の水腎・水尿管症を示します。
 尿道がんは比較的まれですが、尿閉による両側の水腎・水尿管症を示すことがあります。
 泌尿器科領域の悪性腫瘍の治療は、根治性がある(手術で治癒する)場合は根治術を行います。
 腎細胞がんでは根治的腎摘除(じんてきじょ)術、腎盂尿管がんでは腎尿管全摘除術、膀胱がんでは膀胱全摘除術が適応となります。尿閉以外で水腎・水尿管を起こす前立腺がんの場合は、進行がんなので、根治的手術は行わず、ホルモン療法と放射線治療を行います。
 尿路悪性腫瘍の進行がんの場合には、多剤併用の抗がん薬治療を行います。また、腎後性腎不全(じんごせいじんふぜん)を来している場合には、腎瘻(じんろう)造設を行います。

(6)泌尿器科領域以外のがん
 胃がんの腹膜播種(はしゅ)・リンパ節転移・膀胱直腸窩(か)(腹腔内でいちばん底になる部位)での腫瘤(腫瘍)形成などにより、両側の水腎・水尿管症を起こします。両側性で進行した場合には、腎後性腎不全(両側尿管完全閉塞による腎不全)になることがあります。結腸・直腸がん、子宮がん、卵巣がんでは、膀胱または尿管への直接浸潤により尿路閉塞を生じ、同様な症状を示します。
 診断は超音波、CT、MRIを用いて行います。
 悪性腫瘍が浸潤した場合は、尿管ステント留置または腎瘻造設術を行い、腎後性腎不全の改善を図ります。

(7)腎嚢胞
 腎細胞がんと同様に尿管を圧排した場合に、水腎・水尿管症を起こすことがあります。

(8)結核
 現在では少なくなっていますが、尿路結核がみられることがあります。長期の炎症の結果、腎杯頸部(けいぶ)の狭窄、腎盂尿管移行部の狭窄、尿管全体の狭窄、膀胱萎縮(いしゅく)が生じ、水腎・水尿管症を起こします。抗結核薬による治療後に狭窄が認められることもあります。

(9)外傷によって尿管の損傷を来した場合
 この場合も水尿管症を示します。尿管ステント留置、尿管拡張、尿路再建などの処置を行います。

(10)泌尿器科手術により尿路損傷を生じた場合
 経尿道的に処置することが多く、尿道拡張、尿管拡張、尿管ステント留置を行います。
 消化器や婦人科での手術中に尿管を損傷した場合は、尿管が完全断裂していることもあります。この場合は尿管の端々吻合(たんたんふんごう)(切断端同士を吻合する)、尿管ステント留置が必要になります。
 術中に尿管損傷に気がつかない場合、患者さんは術後、腰背部の鈍痛を訴え、腎超音波を行って初めて水腎・水尿管症が判明することがあります。この場合、尿路の近くに尿がもれて尿瘤(にょうりゅう)を形成したり、感染を合併している場合は発熱や炎症所見を示すこともあります。膿瘍(のうよう)を形成した時は、抗菌薬投与とドレナージ(膿排出の処置)を行います。

(11)後腹膜線維化症(こうふくまくせんいかしょう)
 原因不明の尿管を圧迫する病気で、水腎・水尿管症を呈します、時に膠原病(こうげんびょう)を合併していることもあります。ステロイド薬の投与で改善する場合や、尿管ステントを留置して水腎・水尿管症を改善させる方法があります。