どんな病気か・原因は何か

 膀胱の一部が膀胱外に突出したものです。
 膀胱から尿道口までに、何らかの通過障害があって膀胱内の圧力が高まった時に、膀胱壁の一部に圧力に弱い部位があると、その部分が膀胱外に突出して憩室と呼ばれる状態になります。
 原因としては、前立腺肥大症(ぜんりつせんひだいしょう)、神経因性膀胱(しんけいいんせいぼうこう)などの下部尿路の通過障害によるものが多く、そのほか膀胱損傷の後遺症、膀胱手術の合併症、先天性などがあげられます。

症状の現れ方

 憩室は、長い時間をかけて次第に大きくなります。憩室内に尿がたまるため、繰り返す膀胱炎、憩室内の結石、憩室炎などの原因となり、頻尿(ひんにょう)、排尿時の痛み、尿の混濁、残尿感、下腹部違和感などの症状が出ることもあります。また、二段排尿(排尿後、時間がたっていないのにもう一度ある程度の量の排尿があること)がみられることもあります。

検査と診断

 排泄性尿路造影や膀胱造影、超音波検査などで診断します。膀胱憩室が認められた場合には、膀胱鏡検査で憩室の入口や、可能であればその内部を観察します。これは、前述のように憩室内に結石ができる以外に、膀胱憩室では悪性腫瘍が発生することがあるためです。

治療の方法

 憩室が小さくて自覚症状もなく、膀胱炎、憩室内の結石、憩室炎などの合併症がなければ経過観察します。
 ある程度の大きさがあるものや、強い自覚症状、合併症のある場合には手術が考慮され、多くの場合は内視鏡による電気凝固で治療します。悪性腫瘍を合併している場合には開腹手術が必要です。

膀胱憩室に気づいたらどうする

 頻尿、排尿時の疼痛、尿の混濁、残尿感、下腹部違和感など膀胱炎の症状がある時には、膀胱憩室を始め何らかの原因が存在する場合があります。
 膀胱炎症状が長く続く時や繰り返す時には、泌尿器科を受診するようにしてください。