精索捻転症<男性生殖器の病気>の症状の現れ方

 精巣から下腹部にかけての痛みが急激に現れます。発熱を伴うことはほとんどありませんが、吐き気を伴う場合があります。陰嚢部は徐々にふくらんできて、触るとひどく痛みます。

精索捻転症<男性生殖器の病気>の診断と治療の方法

 ねじれ具合にもよりますが、血液の流れが12時間以上遮断されると精巣の障害は元にもどらなくなり、摘出せざるをえなくなります。6時間がタイムリミットという意見もありますから、できるだけ早期に陰嚢を切開し、ねじれを元にもどさなければなりません。
 この時、精巣の血流が再開されてきれいな色にもどれば、そのまま陰嚢のなかにもどし、精巣を周囲の組織に縫いつけ、二度と捻転が起こらないようにします。反対側の精巣もねじれやすいと考えられるので、予防のため同様に固定します。
 ねじれが強かったり、時間がたちすぎていて精巣への血液の流れが回復せず壊死してしまった場合は、そのままだと反対側の精巣にも悪影響を及ぼすので、精巣を摘出せざるをえません。小児では全身麻酔、中学生以上なら下半身麻酔でできる約1時間の簡単な手術です。