亀頭包皮炎とはどんな病気か

 細菌などの感染により包皮(ほうひ)および亀頭(きとう)部が赤くはれ、排尿痛を訴えます。パンツにうみが付くこともあります。男児疾患のうち、最も多いもののひとつです。

亀頭包皮炎の原因は何か

 包茎のある子供で、恥垢(ちこう)や包皮にたまった尿などが刺激になって炎症を起こし、さらに細菌感染を起こすと化膿し、うみが出てきます。多くはブドウ球菌によります。通常は皮膚(包皮)の炎症にとどまり、尿道炎膀胱炎(ぼうこうえん)を引き起こすことはありません。

亀頭包皮炎の治療方法

 抗生剤を含んだ軟膏を患部に塗るか、炎症が強い場合には経口の抗生剤投与により軽快します。

亀頭包皮炎のまとめページ

亀頭包皮炎とはどんな病気か 図23のように、おちんちんの先(亀頭)と包皮(おちんちんを包んでいる皮膚)の間に細菌が繁殖して炎症を起こしたものを亀頭包皮炎といいます。原因は何か 子どもの亀頭は、普通包皮