自家感作性皮膚炎<皮膚の病気>の症状の現れ方

 じくじくした原発巣が現れて1〜数週間後にその周囲や顔、体幹、四肢など全身に直径1mm程度の丘疹が多発します。激しいかゆみがあり、かいたところに新たな散布疹が出てくることもあります。細かい散布疹が融合して硬貨大になったり、手のひらや足の裏では大きな水ぶくれになることもあります。

自家感作性皮膚炎<皮膚の病気>の診断と治療の方法

 ステロイド外用薬を原発巣と散布疹に塗って皮膚の炎症を和らげます。じくじくした発疹には亜鉛華(あえんか)単軟膏を布に伸ばし重ねて貼ると効果的です。かゆみに対しては抗ヒスタミン薬を内服します。
 原発巣が大きい時や散布疹の出る勢いが強い時には、ステロイド薬を短期間内服することがあります。原発巣が治るとともに散布疹は軽くなっていきます。