汗疱とはどんな病気か

  • 手のひらや手指、足の裏に小さな水疱(すいほう)が多数現れる再発性疾患です。

汗疱の原因は何か

  • 原因は明らかではありませんが、夏期に汗の多い人にみられることが多いことから、汗が間接的に影響を及ぼしていると考えられています。
  • また、食べ物や歯科金属中の金属に対するアレルギーが原因になっている場合もあります。

汗疱の症状の現れ方

  • 手のひら、手指、足の裏などに、両側で内容が透明な小さな水疱が急に多数現れ、とくに指の側面によくみられます。
  • 小さな水疱はくっつき合って大豆大にまでなることもあり、通常かゆみはなく、時に周囲に紅斑を伴い強いかゆみや軽い痛みがあります。
  • 小さな水疱は次第に吸収され、通常2〜3週間で丸い鱗屑(りんせつ)(皮膚表面からはがれ落ちる角質)になってはがれて治っていきます。

汗疱の検査と診断

  • 白癬菌症(はくせんきんしょう)(水虫)の可能性について、皮膚科で検査をします。
  • 足に白癬があってじくじくしている時には、白癬疹といって菌は感染していないのに手のひらや指にも小さな水疱が多発することがあるので、このような場合も皮膚科を受診します。
  • 金属アレルギーの関与が疑われる場合はパッチテストを受けます。

汗疱の治療方法

  • 小さな水疱が現れてかゆみがある時には、ステロイド外用薬が有効です。
  • 水疱が乾いて皮膚が丸い鱗屑になってはがれる時期には、尿素(にょうそ)含有軟膏を手洗い後に塗ります。

汗疱に気づいたらどうする

  • 初夏のころ手のひらや指に小さな水疱が多発して、かゆみがなく、数週間で軽くなってしまう場合は、なるべく水仕事をひかえ、めくれてきた皮膚をむしらないようにして様子をみてもいいでしょう。
  • かゆみが強い場合や、年間を通じて症状がみられる場合には、皮膚科で詳しく診察や検査を受けてください。
【足がかゆい】足の指・足の裏がかゆい7つの原因ー湿疹・皮ムケ・水疱

ついイライラしてしまう足のかゆみ。足の指や足の裏がかゆくて、どうしようもないことはありませんか。足裏が蒸れやすい夏だけでなく、通気性の悪い靴や靴下を履いていると、かゆみが起こることもあるでしょう。足のかゆみというと、つい「水虫?」と考えてしまいますが、実際には水虫の他にも足指や足裏のかゆみを引き起こす病気はあります。適切な対処をとるには病気の実態を知ることが何よりも肝心。まずは、足のかゆみの原因となる病気について、正しい知識を取り入れましょう。

【手がかゆい】湿疹・水疱・皮剥けの原因|悪化させない為の正しいケア方法

何も心当たりはないのに、突然起こる手のかゆみ。一口に「手のかゆみ」と言っても原因はさまざまです。手だけに症状が現れるものもあれば、他の部位にも同様のかゆみが見られることもあるでしょう。そんな時は、「いつ」「どう言った環境で」かゆみが起こったり、ひどくなったりするのか、冷静に観察すること。そして、皮膚科を受診してその内容を正確に伝えましょう。同時に、自分で日頃から手のかゆみを悪化させないよう、ケアすることも大切。ここでは自分でできる正しいケア方法を紹介します。

赤い湿疹が出たときの対処法ー考えられる5つの病気|急性と慢性の違い

突然、現れる赤い湿疹。かゆみがひどかったり、発熱を伴ったり、「湿疹」とひとくちに言っても原因や症状はさまざまです。特に気をつけたいのが、その湿疹が急性的なものか、あるいは、慢性的なものかということ。それによって、およそ病気の見当をつけることが可能になります。ここでは、急性と慢性の違いについて簡単に解説。合わせて、それぞれ考えられる病気についても、概要を紹介します。それぞれの特色を理解して、いざという時に正しく対処できるようにしましょう。