じんま疹とはどんな病気か

  • 皮膚に生じる一種のアレルギー反応で、赤い発疹が現れる病気です。
  • 皮膚のなかのマスト細胞から、ヒスタミンという物質が出るために起こります。
  • 通常は半日以内に発疹はおさまります。
  • 発疹が4週以上にわたって繰り返し続く場合、慢性じんま疹と呼ばれます。

じんま疹の原因は何か

  • 原因は、食べ物、薬剤、細菌やウイルス感染、血液疾患、物理的刺激、精神的ストレスなどいろいろなものがあります。
  • 食べ物や薬剤が原因となる場合はアレルギー性のことが多く、原因となる食べ物や薬剤を摂取すると、繰り返し症状が現れます。
  • しかし、それ以外の場合は、じんま疹が出る仕組みはあまりはっきりとわかっていません。
  • 物理的刺激が原因となる場合は、軽度の圧迫や機械的刺激、温熱あるいは寒冷、日光や発汗などによって起こります。
  • 慢性じんま疹は、原因がはっきりしない場合がほとんどですが、マスト細胞に作用してヒスタミンを分泌させる自己抗体が原因になる場合があることが、最近わかってきました。

じんま疹の症状の現れ方

  • 突然、強いかゆみとともに身体の各所に赤い発疹が生じます。
  • かゆみのためにかくと、引っかいた部位がみみずばれのようになることもあります。
  • 症状は通常一過性で、半日以内には痕(あと)を残さずに治ってしまいます。
  • 次々に新しい発疹が生じて数日続くことがあり、また慢性化することもあります。
  • 図4 じんま疹
  • 発疹は、周辺に赤みを伴う扁平(へんぺい)に隆起した円形、楕円形または地図状の膨疹(ぼうしん)で、しばしば中央部が消退して環状となります(図4)。

じんま疹の検査と診断

  • じんま疹が出る時、あるいは出る前の状況を詳しく記録します。
  • 発疹が一過性のもので、痕を残さず消えることが診断のポイントです。
  • 原因を調べるために血液検査や皮膚テストを行います。
  • 物理的刺激が原因となるじんま疹は、機械的刺激、温熱あるいは寒冷などの温度変化、日光などにより誘発されるので、そのどれなのかを確認します。
  • 一般に信じられているほど、肝臓など内臓異常の頻度は高くありません。

じんま疹の治療方法

  • 可能なかぎり原因を解明して、対処することが必要です。
  • 症状に対しては抗ヒスタミン薬が用いられます。
  • すぐにかゆみを止めたい場合には注射をしますが、通常は内服薬で治療します。
  • 抗ヒスタミン薬で効果がない場合には、少量のステロイド薬を内服すると効果的です。
  • 自己抗体が原因となる慢性じんま疹では、ステロイド注射薬や免疫抑制薬で治療することもあります。

じんま疹に気づいたらどうする

  • 1時間程度で消失する場合は、様子をみていてもよいでしょう。
  • それ以上続く場合や消失しても繰り返しみられる場合、かゆみが強い場合は治療を受けます。
  • かゆみを伴う赤い発疹があった場合、虫刺されや湿疹である可能性もあります。
  • じんま疹と虫刺されや湿疹とでは治療法が異なるので、きちんと皮膚科専門医の診断を受けることが大切です。
  • じんま疹は、夕方から夜間に突然生じる場合もよくあります。
  • こうした場合、夜間救急診療を行っている医療機関を受診したほうがよいでしょう。

関連項目

じんま疹

皮膚に生じる一種のアレルギー反応で、赤い発疹が現れる病気です。皮膚のなかのマスト細胞から、ヒスタミンという物質が出るために起こります。 通常は半日以内に発疹はおさまります。発疹が4週以上にわたって繰り返し続く場合、慢性じんま疹と呼ばれます。

【皮膚の赤い腫れと痒み】これはじんま疹? それとも湿疹? 違いを解説

皮膚が痒くなったり、赤く腫れたりすることがあります。なんとなく、「湿疹がでた」や「じんま疹かも」と自己判断してしまいがちですが、湿疹とじんま疹の違いを正確に理解しているでしょうか。実は、湿疹とじんま疹では症状の現れ方や原因が違います。当然、対処法も異なります。ここでは、湿疹とじんま疹の正しい見分け方について解説。しかし、もしかしたら「隠れアトピー」など、他の病気が隠れている場合もありますので、安易に自己判断せず、なかなか症状が引かなかったり、症状が頻発して現れたりする場合は、早めに医師の診断を受けた方が良いでしょう。