老人性紫斑<皮膚の病気>の症状の現れ方

 外的刺激を受けやすい両前腕および手背に暗紫紅色調のしみ出したような斑状の紫斑がみられます。初めは赤紫になっていますが、そのうちに橙黄色になり、消えていきます。一般的に痛みなどは伴わないことが多いのですが、ごくまれに刺すような痛みで発症することもあります。

老人性紫斑<皮膚の病気>の診断と治療の方法

 数週間で退色し、消えていくので治療の必要はありません。機械的刺激により発症するので、手袋や腕抜きなど皮膚の保護を考慮するようにします。