多形日光疹<皮膚の病気>の症状の現れ方

 日光露出部の顔面や頸部(けいぶ)に、かゆみのある湿疹様の発疹や紅斑、ぶつぶつした丘疹などが現れます。日差しが強くなる春から夏に悪化する傾向があります。

多形日光疹<皮膚の病気>の診断と治療の方法

 皮膚の症状に対しては、ステロイド外用薬などの炎症を抑える薬剤を使用しますが、原因となる紫外線を避けることが重要です。