掌蹠膿疱症とはどんな病気か

  • 手のひらや足の裏に無菌性の膿疱(うみをもった皮疹)が生じて慢性の経過をたどる病気です。
  • 完成像は、境界がはっきりした紅斑落屑(らくせつ)局面に多数の膿疱をもちます。
  • ばい菌やウイルスがついていないのに、手のひらや足のうらに膿疱ができる病気と考えてください。

掌蹠膿疱症の原因は何か

  • 現在のところは不明です。
  • 欧米では、乾癬(かんせん)の一亜型とする考え方が有力です。
  • 日本では乾癬とは無関係で、病巣感染や金属アレルギーを原因として重視する考え方もあります。
  • 喫煙者に多い病気です。

掌蹠膿疱症の症状の現れ方

  • 手のひらや足の裏(とくに土踏まずの部分)に膿疱ができ、周囲に赤みをもつようになります。
  • 赤みはお互いにくっつき合って、手のひらや足の裏全体の皮がむけて赤くなる状態になり、そのなかに膿疱やかさぶたが見えるようになります。

掌蹠膿疱症の検査と診断

  • 専門医が見れば特徴的な臨床像から確定診断ができますが、真菌(しんきん)検査(水虫の検査)や、わかりにくい時は皮膚をとって顕微鏡で調べる検査(皮膚生検)を行うこともあります。

掌蹠膿疱症の治療方法

  • ステロイド薬の外用、エトレチナート(チガソン)の内服、免疫抑制薬(ネオーラル)の内服、紫外線療法などがありますが、短期間での根治は難しい病気です。

掌蹠膿疱症に気づいたらどうする

  • 禁煙を心がけます。
  • 感染病巣の摘出という手段もあります。
  • 耳鼻科で扁桃(へんとう)誘発という試験をして、陽性ならば扁桃腺を摘出します。
  • また、金属アレルギーの検査を行って、陽性であれば歯科金属の除去を考えることもあります。
【足がかゆい】足の指・足の裏がかゆい7つの原因ー湿疹・皮ムケ・水疱

ついイライラしてしまう足のかゆみ。足の指や足の裏がかゆくて、どうしようもないことはありませんか。足裏が蒸れやすい夏だけでなく、通気性の悪い靴や靴下を履いていると、かゆみが起こることもあるでしょう。足のかゆみというと、つい「水虫?」と考えてしまいますが、実際には水虫の他にも足指や足裏のかゆみを引き起こす病気はあります。適切な対処をとるには病気の実態を知ることが何よりも肝心。まずは、足のかゆみの原因となる病気について、正しい知識を取り入れましょう。

【手がかゆい】湿疹・水疱・皮剥けの原因|悪化させない為の正しいケア方法

何も心当たりはないのに、突然起こる手のかゆみ。一口に「手のかゆみ」と言っても原因はさまざまです。手だけに症状が現れるものもあれば、他の部位にも同様のかゆみが見られることもあるでしょう。そんな時は、「いつ」「どう言った環境で」かゆみが起こったり、ひどくなったりするのか、冷静に観察すること。そして、皮膚科を受診してその内容を正確に伝えましょう。同時に、自分で日頃から手のかゆみを悪化させないよう、ケアすることも大切。ここでは自分でできる正しいケア方法を紹介します。