伝染性膿痂疹(とびひ)とはどんな病気か

 黄色ブドウ球菌あるいは連鎖(れんさ)球菌が皮膚の浅い部分に感染し、水疱(すいほう)あるいは膿疱(のうほう)をつくる化膿性の病気です。黄色ブドウ球菌が原因の時は水疱ができるので、水疱性膿痂疹(ブドウ球菌性膿痂疹)と呼ばれ、連鎖球菌が原因の時(黄色ブドウ球菌との混合感染のことも多い)は膿疱や厚い痂皮(かひ)(かさぶた)ができるので、非水疱性あるいは痂皮性膿痂疹(連鎖球菌性膿痂疹)と呼ばれています。
 膿痂疹は、細菌で起こる皮膚の病気のなかで最も多い病気です。水疱性(すいほうせい)膿痂疹は0〜6歳の乳幼児に多く、主に夏季に発生します。痂皮性膿痂疹は水疱性膿痂疹よりかなり少なく、季節や年齢に関係なく発症しますが、アトピー性皮膚炎をもつ人にできやすい傾向があります。

原因は何か

 水疱性膿痂疹は、虫刺されや擦り傷など皮膚の浅くて小さい傷に黄色ブドウ球菌が感染し、菌がつくる表皮剥脱毒素(ひょうひはくだつどくそ)という毒素によって皮膚の浅いところに水疱ができます。痂皮性膿痂疹は、主にA群β(ベータ)溶血性連鎖球菌(化膿連鎖球菌)が感染して発症しますが、その毒素がどのように関与しているのかは不明です。

症状の現れ方



 水疱性膿痂疹(図46)は、虫刺され、湿疹などの引っかき傷、あるいは小さいけがなどのところに膜の薄い水疱ができます。水疱内の液は次第にうみのように濁って、簡単に破れてただれた皮膚(びらん)となり、すぐに痂皮ができて手でかいているうちに周辺だけでなく他の部分にも広がり、“飛び火”してゆきます。軽いかゆみがありますが、熱は出ません。


 痂皮性膿痂疹(図47)は、季節や年齢に関係なく発症します。小さい水疱あるいは膿疱で始まり、すぐに黄色っぽい痂皮となって、これらが次々と急速に広がります。膿疱や痂皮の周囲では最初から赤みが強く、全身の熱が出てのども痛く、病変の近くのリンパ節もしばしばはれます。


 いずれの膿痂疹も、顔や四肢など露出部にできることが多く、口のなかなど粘膜にはできません。手・足では角質層が厚いので、膿痂疹の水疱膜がしっかりして張り切った大きな水疱・膿疱となります。これを手(しゅ)(足(そく))部水疱性膿皮症(ぶすいほうせいのうひしょう)と呼びます(図48)。

検査と診断

 破れていない水疱や膿疱の内溶液を培養すると、黄色ブドウ球菌あるいは化膿連鎖球菌を検出できます。痂皮性膿痂疹では、血液検査で白血球数が増え、CRP(体のどこかに炎症があると血液中に出てくる蛋白質の一種)陽性となり、連鎖球菌に対する抗体(ASO・ASK)が上昇することがあります。また、糸球体腎炎を合併することがありますから、検尿などの検査も必要です。
 膿痂疹の診断は比較的簡単ですが、他の水疱ができる病気(虫刺され、接触皮膚炎水痘(すいとう)(みずぼうそう)、カポジ水痘様発疹症(すいとうようほっしんしょう)天疱瘡(てんぽうそう)、類天疱瘡(るいてんぽうそう)など)と間違えられることがありますので、治りにくい場合には皮膚科専門医の診断を受けることが大切です。

治療の方法

 水疱性膿痂疹では、黄色ブドウ球菌によく効く抗菌薬を3〜4日間内服します。痂皮性膿痂疹では、ペニシリン系薬の内服が最も効果的ですが、黄色ブドウ球菌との混合感染も考えて内服薬を選びます。
 水疱内の液やびらん部の分泌液がまわりの皮膚に付かないよう、水疱は内容液を抜いてから、痂皮やびらん部には、抗生剤の軟膏(かゆみがあれば軽めの副腎皮質(ふくじんひしつ)ステロイド薬の軟膏でもよい)を塗り、その上にリント布に厚く伸ばした亜鉛華(あえんか)軟膏を貼って包帯をします。乾いてくれば抗生剤の軟膏(または副腎皮質ステロイド薬の軟膏)だけにして亜鉛化軟膏は中止しますが、痂皮が取れるまで治療を続けます。
 膿痂疹が治るまでは、風呂よりシャワー浴のほうがよく、痂皮や分泌物をよく洗い落とし、そのあとで軟膏療法を繰り返します。痂皮性膿痂疹の場合は、糸球体腎炎の合併を予防するために、よくなってもさらに約10日間は内服を続けます。

伝染性膿痂疹(とびひ)に気づいたらどうする

 湿疹・あせも・虫刺され・ちょっとした傷などができた時は、膿痂疹にならないように、これらを早めに治療しましょう。夏には汗をかいたままにしないようシャワー浴を心がけ、爪を短く切っておくよう注意します。
 膿痂疹ができてしまったら、数が少ないうちに専門医で治療を受けましょう。