手白癬(手の水虫)とはどんな病気か

 手に生じる白癬菌(はくせんきん)感染症で、頻度は全白癬患者の3%程度です。
 手白癬は本人の足(あし)白癬からうつることが多いので、足白癬の放置が最も問題になります。

症状の現れ方

 手白癬は片手だけに生じることが多く、鱗屑(りんせつ)(皮膚表面からはがれかけている角質)を伴う角化傾向のある紅斑(こうはん)を示します。小水疱(しょうすいほう)を伴うこともあり、かゆみは軽度です。手の皮膚炎で最も多いのは手湿疹で、ほとんどの場合、両手に病変を生じます。したがって片手の時は手白癬の疑いがあります。

検査と診断

 直接鏡検(顕微鏡での検査)KOH法で行います。足白癬より菌要素を検出しやすい病気です。

治療の方法

 外用療法を行います(白癬)。足白癬より治りやすい病気です。

手白癬(手の水虫)に気づいたらどうする

 自分の手から、爪を含めて体のほかの部位へ拡大していることがあるので、全身のチェックを行ってください。