カンジダ性間擦疹<皮膚の病気>の症状の現れ方

 鼠径部(そけいぶ)から陰嚢(いんのう)、肛門の周囲、腋窩(えきか)、頸部などの間擦部に、白癬にみられるような中心治癒傾向のない紅斑(こうはん)が認められ、紅斑上およびその周囲に膜状の鱗屑(りんせつ)(皮膚表面からはがれかけている角質)が付着した小膿疱(しょうのうほう)や、それが破れて湿潤したびらん(ただれ)が認められます。かゆみはないか、あっても軽度です。

カンジダ性間擦疹<皮膚の病気>の診断と治療の方法

 基本的に外用薬による治療(皮膚と粘膜のカンジダ症)で比較的簡単に治りますが、しばしば再発します。