乳児皮膚カンジダ症(乳児寄生菌性紅斑)<皮膚の病気>の症状の現れ方

 陰股部(いんこぶ)、臀部(でんぶ)などおむつの部分に多いのですが、頸部や腋窩(えきか)などに生じることもあります。
 成人のカンジダ性間擦疹と同様に中心治癒傾向のない紅斑で、紅斑上および周辺に小膿疱(しょうのうほう)が多発します。おむつかぶれと異なり、皮膚の溝の部分も紅くなります。

乳児皮膚カンジダ症(乳児寄生菌性紅斑)<皮膚の病気>の診断と治療の方法

 基本的に外用薬による治療で、比較的簡単に治ります(皮膚と粘膜のカンジダ症)。