外陰カンジダ症とはどんな病気か

 男女の外陰部に生じるカンジダ感染症で、頻度は全皮膚粘膜カンジダ症患者の7%程度です。
 全身および局所的問題に加えて、性的パートナーからうつる性感染症(STD)のことがあります。

症状の現れ方

 男性では亀頭(きとう)、冠状溝(かんじょうこう)、包皮(ほうひ)などに小膿疱(しょうのうほう)、鱗屑(りんせつ)(皮膚表面からはがれかけている角質)を伴う紅斑(こうはん)を生じます。女性では外陰部に発赤、腫脹(しゅちょう)、湿潤(しつじゅん)、粥状帯下(じゅくじょうたいげ)(おりもの)、かゆみなどを生じ、腟カンジダ症も合併しやすい病気です。

検査と診断

 直接鏡検(顕微鏡での検査)KOH法で行います。菌要素を比較的検出しやすい病気です

治療の方法

 皮膚用の外用薬に加えて、腟錠を使うこともあります。また難治例では内服薬を使います(皮膚と粘膜のカンジダ症)。

外陰カンジダ症に気づいたらどうする

 湿疹・皮膚炎、単純性ヘルペスなどとの区別が必要です。また性的パートナーがいる人は相手も診察を受けたほうがよいでしょう。