雀卵斑<皮膚の病気>の症状の現れ方

 直径5mmまでの不規則な金平糖のような小色素斑が、眼瞼(がんけん)(まぶた)、鼻梁(びりょう)などの顔面の正中部の主として日光によくあたる部分に多数現れます。
 3歳ごろからみられますが、思春期に著しくなります。また、春から夏にかけて目立つようになり、秋から冬にかけて目立たなくなります。

雀卵斑<皮膚の病気>の診断と治療の方法

 診断のための特別な検査は必要ありません。
 遮光およびビタミンC、ビタミンEの内服や美白剤の外用、またはレーザーやケミカルピーリングが効果的なことがあります。