肝斑<皮膚の病気>の症状の現れ方

 30〜40代の女性の顔面、とくに頬、額、上口唇に左右対称に淡褐色の色素斑が現れます。妊娠時に現れる場合は、妊娠2〜3カ月ころから現れることが多く、次第に色調が濃くなります。出産後には徐々に消えていく場合もありますが、長期に持続する場合もあります。
 経口避妊薬によるものでは、内服が長期になるほど症状が出やすくなります。

肝斑<皮膚の病気>の診断と治療の方法

 診断のための特別な検査は必要ありません。
 トラネキサム酸、ビタミンC、ビタミンEの内服やハイドロキノン、コウジ酸、アルブチン、リノール酸などの美白剤の外用、またはケミカルピーリングが効果的なことがあります。