稗粒腫<皮膚の病気>の症状の現れ方

 特別な原因がなく発生する原発性(げんぱつせい)稗粒腫と、皮膚がはがれるような疾患や皮膚を削(けず)り取る手術後などに生じる続発性(ぞくはつせい)稗粒腫があります。
 原発性稗粒腫は小児や若い女性の顔面にみられます。いずれのタイプも、見た目は同じであり、直径1〜2mm以内の半球状に隆起した、白色のしこりです(図76)。

稗粒腫<皮膚の病気>の診断と治療の方法

 注射針の先などで皮膚を小さく切り開いて、内容である白色の球状物を押し出すか、あるいは針先を使って取り除きます。