線状皮膚炎とはどんな病気か

 アオバアリガタハネカクシという昆虫の体液に触れた皮膚に、線状に赤い皮膚炎が生じます。

原因は何か



 甲虫の一種で、アリに似た小型の昆虫であるアオバアリガタハネカクシ(図93)は、夜に灯火に飛来する習性があります。これがヒトの皮膚にとまった時に、たたいたり潰したりすると体液が皮膚に付き、その体液中のペデリンという物質によって皮膚炎が生じます。

症状の現れ方



 1〜2日で体液が付いた部分に線状に発赤やぶつぶつができて(図94)、数日でうみを生じたあと、ただれたようになります。
 かゆみはなく、ヒリヒリした痛みを伴います。2〜3週間で治りますが、あとに色素の沈着を残します。

検査と診断

 皮膚の上で、アリに似た虫を潰した覚えがあるかどうかが診断の決め手になりますが、特徴的な症状なので臨床的に診断ができます。

治療の方法

 初期はステロイド外用薬、皮膚がただれたあとは抗菌薬配合の外用薬を塗って、ガーゼを当てます。

線状皮膚炎に気づいたらどうする

 まず、皮膚にとまったアオバアリガタハネカクシを潰さないことです。体液が付いた場合は、すぐに石鹸で洗い流してください。