クリーピング・ディジーズ(皮膚爬行症)<皮膚の病気>の症状の現れ方

 皮膚にかゆみを伴う線状の発赤、はれが現れ、それが不規則に蛇行(だこう)しながら次第に移動していくことが特徴です(図95)。

クリーピング・ディジーズ(皮膚爬行症)<皮膚の病気>の診断と治療の方法

 基本的には、虫体を皮膚から摘出するのが確実な治療法です。駆虫薬としてチアベンダゾール(ミンテゾール)やイベルメクチンを用いる場合もあります。