瘢痕性脱毛症とはどんな病気か



 いろいろな原因により毛包(もうほう)が破壊され、毛が生えてこなくなる状態をいいます。毛包のあった部位は瘢痕(はんこん)に置きかわり、毛包は消失しています(図101)。

原因は何か

 毛包の峡部(きょうぶ)と呼ばれる部分には毛髪を作る毛母(もうぼ)細胞の幹細胞があります。峡部が何らかの原因で壊され、幹細胞がなくなると瘢痕性脱毛症になります。さまざまな皮膚疾患、細菌や真菌(しんきん)の感染、熱傷(ねっしょう)、外傷、腫瘍の浸潤(しんじゅん)などが瘢痕性脱毛症の原因になります。

症状の現れ方

 慢性円板状狼瘡(まんせいえんばんじょうろうそう)、限局性強皮症(げんきょくせいきょうひしょう)、萎縮性硬化性苔癬(いしゅくせいこうかせいたいせん)、サルコイドーシスなどの瘢痕をつくる疾患が頭部に発症すると、瘢痕性脱毛症になります。
 瘢痕性毛包炎(もうほうえん)あるいは禿髪性毛包炎(とくはつせいもうほうえん)と呼ばれる疾患は、主に男性の頭部に発症します。毛包がうみをもち、まわりの皮膚が赤くなります。進行すると毛が抜け、少しくぼんだ、光沢のある脱毛病変が現れます。
 毛包に真菌が感染して強い炎症反応が起きると、ケルスス禿瘡(とくそう)と呼ばれる状態になります。頭の毛は抜け、残っている毛は抜けやすくなっています。治療が遅れると瘢痕性脱毛症になります。

検査と診断

 前述した原因を確かめるための検査を行います。

治療の方法

 何が原因になっているのかを明らかにすることが大切です。そのうえで原因になっている疾患の治療を行います。
 原因疾患が治って瘢痕だけが残った状態では、小さい瘢痕性脱毛部は手術で切除して縫い縮めることができます。

瘢痕性脱毛症に気づいたらどうする

 瘢痕性脱毛症では、早期に発見して早期に治療を行うことが大切です。治療が遅れると脱毛の範囲が広がり、脱毛部位には二度と毛は生えてきません。瘢痕性脱毛症の原因になる疾患は数多くあり、診断や治療の難しい疾患が多く含まれています。瘢痕性脱毛症が疑われる時は、すぐに皮膚科を受診することが大切です。