流行性角結膜炎とはどんな感染症か

 主に、アデノウイルスD亜群の8型、19型、37型の感染によって発症します。非常に伝染力が強く、集団発生する角結膜炎で、俗に「はやり目」と呼ばれています。院内感染を引き起こすこともあり、感染予防に最善の努力が必要です。

流行性角結膜炎の症状の現れ方

 潜伏期間は1〜2週といわれています。耳前リンパ節のはれ、圧痛(押すと痛い)、結膜に小さなぶつぶつができる急性濾胞性結膜炎(ろほうせいけつまくえん)が生じます。
 眼脂(がんし)(めやに)、充血、まぶたのはれなどの症状で始まり、眼脂はさらさらとした漿液性(しょうえきせい)です。角膜には点状の上皮性角膜炎が起こります。
 両眼性が多く、眼瞼(がんけん)結膜には濾胞形成、乳頭増殖を認めます。偽膜(ぎまく)形成や角膜びらんがみられる重症例もあります。

流行性角結膜炎の検査と診断

 大部分は、症状と所見からほぼ診断することができます。結膜からこすりとった組織が、アデノウイルス抗原陽性であれば診断確定です。市販されている検査キットも診断に有効です。

流行性角結膜炎の治療方法

 有効な抗ウイルス薬はありません。対症療法として、細菌感染防止の目的で抗菌薬を点眼します。角膜炎の治療としてステロイド薬を点眼しますが、ヘルペスでないことを確認してから使用します。

流行性角結膜炎に気づいたらどうする

 眼科専門医を受診してください。

流行性角結膜炎(はやり目、急性出血性結膜炎、アポロ病)

流行性角結膜炎とは、いわゆる「はやり目」と呼ばれるもので、感染力の強いアデノウイルスによってもたらされます。感染してから1~2週間の潜伏期間をおいて発病します。ほかのウイルスによる結膜炎よりも症状が強く、まぶたが腫れ、大量の目やにで、朝目覚めたときに目が開けられないこともあるほどです。また、角膜(黒目の部分)の炎症も併発しやすく、それが悪化すると角膜に点状の濁りが生じてものが見えづらくなることがあるため、完治するまで治療を続けることが大切です。成人でも感染するので、周囲の人にうつさないためには仕事を休む必要があるでしょう。