ジフテリアとはどんな感染症か

  • ジフテリア菌の飛沫(ひまつ)感染(くしゃみなど)で起こります。
  • 日本は世界に先駆け、1981年以降に副反応の少ない精製ワクチンを使ってきました。
  • 患者さんの数は着実に減少し、数年に1名にまでになっています。
  • 感染症法2類感染症に属します。

ジフテリアの症状の現れ方

  • のどや鼻に菌が感染して、鼻みず(血が混じった粘液膿性)、高熱、のどの痛み、犬が吠えるような咳(せき)などが出てきます。
  • 牛の首のように、首が大きくはれてくるのが特徴です。
  • のどに偽膜(ぎまく)と呼ばれる白い膜ができて、窒息(ちっそく)することもあります。
  • 菌の出す毒素によって、心筋障害や神経麻痺を起こすことがあるので注意が必要です。

ジフテリアの検査と診断

  • 疑わしい症状の時は、早急な治療が必要なので、早期診断が大切です。
  • 正確な診断にはジフテリア菌を分離する必要がありますが、これには時間がかかります。
  • ジフテリア・破傷風(はしょうふう)・百日咳の三種混合ワクチン(DTP三種混合ワクチン)を接種していれば、ほぼ発病することはありませんから、ワクチン接種歴を母子手帳などで確認しておくことが大切です。
  • 区別する病気としては、鼻腔異物、連鎖球菌による偽膜性扁桃炎(へんとうえん)、伝染性単核球症(でんせんせいたんかくきゅうしょう)などがあります。

ジフテリアの治療方法

  • ジフテリア菌の出す毒素を中和することが重要です。
  • このために、できるだけ早期に抗毒素を注射する必要があります。
  • 抗毒素は全国に数カ所備蓄しています。
  • 予防接種が発病予防に有効です。
  • DTP三種混合ワクチンとして、生後3カ月から接種できます。
  • 3〜8週間隔で3回、1年〜1年半後に追加接種します。
  • 11〜12歳でのジフテリア・破傷風追加接種(II期)は最後の接種です。
  • 忘れずに接種してください。

ジフテリアに気づいたらどうする

  • 疑わしい症状のある時は、できるだけ早く小児科または内科を受診してください。

関連項目

ジフテリア

ジフテリア菌の飛沫感染(くしゃみなど)で起こります。 日本は世界に先駆け、1981年以降に副反応の少ない精製ワクチンを使ってきました。患者さんの数は着実に減少し、数年に1名にまでになっています。症状は主に鼻やのどが侵される病気で、心筋炎を合併すると死に至ることもあります。