急性胃腸炎<感染症>の症状の現れ方

 細菌性の場合は、嘔吐や下痢のほか、重症化すると血液が混入した、あるいは膿性(のうせい)の下痢便、発熱、腹痛などを伴い、ショック症状(血圧低下、意識障害など)を起こすことがあります。
 ウイルス性の場合は、水様性の下痢便が特徴です。

急性胃腸炎<感染症>の診断と治療の方法

 治療法は、ウイルス・細菌・原虫の各項目を参考にしてください。
 細菌性の場合は、ニューキノロンなどの抗生物質が用いられます。コレラのように脱水が強い場合は、輸液が重要です。ウイルス性の場合は、体内の電解質の保持のため、輸液を行う場合があります。
 腸管内の正常細菌叢(そう)を保つため、生菌製剤の併用がすすめられます。