ロタウイルス下痢症とはどんな感染症か

  • ロタウイルスによる感染症で、乳幼児の代表的な冬期下痢症として、主に1〜4月に発症します。
  • ほとんどの子どもが感染し、保育所・幼稚園・学校などで集団発生することもありますが、多くは感染経路が明らかではありません。

ロタウイルス下痢症の症状の現れ方

  • 突然、嘔吐あるいは下痢から始まります。
  • 便が白色になることがあります。
  • 通常1週間以内で下痢は軽快します。
  • 発熱、呼吸器症状を伴うこともあり、下痢の回数が多いと脱水症状が現れ、治療が必要です。
  • まれですが、けいれん、脳症、腸重積(腸管の一部が腸管腔内に入り込む)を伴うことがあります。

ロタウイルス下痢症の検査と診断

  • 乳幼児で1〜4月の下痢症の場合には、ロタウイルスによる下痢症を考えます。
  • 11〜1月ではノロウイルス感染症が多くみられます。
  • 学童・成人では、ウイルス以外に細菌性のことも考えておきます。
  • イムノクロマト法を利用した迅速診断検査薬で、10〜20分以内に診断ができます。
  • また、酵素抗体法を用いることもあります。
  • ロタウイルスにはA、B、C群があります。
  • A群以外は頻度は少ないものの、一般の検査試薬では検出できません。
  • 脱水の状態は、排尿があれば尿中のアセトン体の有無および量で推定しますが、血液中の電解質を調べることがあります。

ロタウイルス下痢症の治療方法

  • 嘔吐に対しては鎮吐薬(ちんとやく)を使用します。
  • 経口摂食が可能であれば、少量で回数を多くした食事が原則です。
  • 経口補液を行うこともあります。
  • 経口での摂食が不可能な場合、あるいはその危険性がある場合は経静脈輸液を行います。
  • 止痢薬(しりやく)は原則として使わず、ラックBやビオフェルミンなどの生菌製剤を用います。
  • ワクチンは現在、海外では使用されていますが、日本では臨床試験が行われています。
  • 症状がある場合には、トイレ等での石鹸、流水での手洗いが必要です。

ロタウイルス下痢症に気づいたらどうする

  • 下痢が数回みられたり、あるいはけいれんなどほかの症状がみられたら、小児科を受診します。

関連項目