腸炎ビブリオ感染症<感染症>の症状の現れ方

 さまざまなタイプの下痢と腹痛が必ず発症します。嘔吐や発熱を伴うこともあります。ほかの腸管感染症に比べ、病初期は重症感が強い傾向があります。

腸炎ビブリオ感染症<感染症>の診断と治療の方法

 対症療法が中心ですが、下痢止め薬は用いないほうが無難です。抗生物質は病期を短縮するといわれていますが、十分な根拠はありません。
 多くは数日で自然に快方に向かいます。しかし、まれに死亡例の報告もあるので、十分な注意が必要です。