胆嚢炎、胆管炎<感染症>の症状の現れ方

 主な症状は腹痛と発熱です。通常は右季肋部(きろくぶ)(右の肋骨の下)から心窩部(しんかぶ)(みぞおち)にかけての持続的な痛みですが、胸や背中が痛くなって狭心症(きょうしんしょう)などの心臓の病気と間違われることもあります。痛みの程度は重苦しいような鈍痛から激痛を訴える場合までさまざまですが、痛みが長時間続いて次第に強くなります。嘔吐もよくみられる症状です。
 また、胆汁の流れが妨げられるために皮膚や粘膜が黄色くなる黄疸(おうだん)が出ることがあります。とくに胆管結石がある時には、黄疸がよくみられます。
 胆嚢炎・胆管炎が進むと炎症が腹膜に波及して腹膜炎を起こしたり、血液を介して全身に細菌感染が広がる敗血症(はいけつしょう)に進行して命取りになることもあります。とくに高齢者では、胆管炎が急激に悪化することがあるので注意が必要です。

胆嚢炎、胆管炎<感染症>の診断と治療の方法


(1)胆嚢炎
 炎症の程度が軽ければ、絶食、輸液、抗生物質の使用などの内科的治療で治すことができます。しかし炎症が強い時には、腹壁から細い針を刺して胆嚢のなかにたまった胆汁を体外に排出する外科的処置(経皮経管胆嚢ドレナージ術)が必要になります。この処置により炎症がおさまれば、数週間後に開腹手術や腹腔鏡手術を行い、胆嚢を摘出します。
 また、このような待機的手術ではなく、発症早期の手術を優先して行うこともあります。さらに最も重症の胆嚢炎で胆嚢壁が化膿して破れたり、腹膜炎を起こしている場合には、緊急手術が必要となります。

(2)胆管炎
 軽症では内科的治療が優先されますが、必要に応じて内視鏡下に十二指腸から胆管内に細い管を通して胆汁を排出する処置(内視鏡的経胆管ドレナージ術)や、内視鏡を用いて胆管の出口を広げたり、小切開を加えて胆管内に詰まった結石を取り出す処置が行われます。