非淋菌性尿道炎<感染症>の症状の現れ方

 クラミジアによる尿道炎は、淋菌性に比べて潜伏期間が約1〜3週間と長く、比較的ゆっくりと発症します。主な症状は尿道の不快感や排尿痛で、また尿道から漿液性(しょうえきせい)(比較的さらさらとした)の分泌物が排出されます。

非淋菌性尿道炎<感染症>の診断と治療の方法

 クラミジアによる尿道炎の治療は、クラミジアに抗菌力をもつ抗菌薬を内服します。内服期間は1〜2週間です。1回のみの服用で効果のある薬剤も登場しています。
 感染の原因となったセックスパートナーが特定できる場合は、パートナーもいっしょに治療する必要があります。治癒が確認されるまで性行為は禁止です。