単純疱疹(ヘルペス)<感染症>の症状の現れ方

 初感染の場合は、感染後4〜7日で感染部位が赤くなり、のちに水ぶくれがたくさん現れます。その近くのリンパ節がはれて痛みを伴い、発熱、倦怠感(けんたいかん)、頭痛なども伴います。約2〜4週間で治ります。乳幼児では、ヘルペス性歯肉口内炎(しにくこうないえん)といって、口腔内に多数の口内炎ができることがあります。
 再発の場合は、感染部位が初めは痛がゆくなり、数時間後に赤いぶつぶつや小さな水ぶくれが数個現れます。やがて破れて、じくじくしますが、かさぶたとなり、1〜2週間で治ります。
 アトピー性皮膚炎の患者さんの場合は、皮膚のバリア機能が低下しているため、単純ヘルペスウイルスが皮膚に付着すると容易に感染し、顔や体の広範囲に水ぶくれが現れます。
 これをカポジ水痘様発疹症(すいとうようほっしんしょう)といい、初感染、再発のいずれでも生じますが、とくに初感染の場合はウイルスに対する免疫がないために重症化し、死亡することもあります。

単純疱疹(ヘルペス)<感染症>の診断と治療の方法

 放置しても自然に治りますが、ひどい場合は抗ウイルス薬(ゾビラックス、バルトレックス)を内服します。性器の場合は、ほかの人にうつさないようにするために、抗ウイルス薬の内服が基本です。これは再発時に、ウイルスが精液や帯下(たいげ)(おりもの)のなかにも存在するからです。また、再発が頻回のものでは、バルトレックスを毎日内服する抑制療法が行われるようになりました。
 免疫不全者や初感染で重症の場合は、抗ウイルス薬の点滴静注を行います。