ラッサ熱とはどんな感染症か

 1969年にナイジェリア北東部のラッサ村の病院(ラッサ総合病院)で、出血熱様疾患の患者が発生し、その病院の医療従事者も同様の疾患にかかって死亡しました。その時にはじめて分離されたウイルスがラッサウイルスです。この村の名前がラッサ村であったことから、ラッサ熱と命名されました。
 ラッサ熱の流行地は西アフリカで、そこでは毎年数十万人の人がラッサウイルスに感染し、正確な数は不明ですが多くの人が死亡していると考えられています。また、現在までに20人を越える人が流行地以外の地域でラッサ熱を発症しています。その地域の多くはヨーロッパですが、米国や日本でも輸入感染例としてのラッサ熱患者の発生が確認されています。
 ラッサウイルスの宿主(しゅくしゅ)はマストミスと呼ばれる齧歯類(げっしるい)(ネズミやリスの仲間)です。ウイルスに感染しているマストミスは、ウイルスを持続的に尿などの体液に排出し続け、そのウイルスにヒトが感染するとラッサ熱を発症します。空気感染はしません。
 西アフリカに滞在する場合には、ネズミなどが生活圏に入り込まないように衛生環境を整えることが、ラッサウイルス感染を予防するうえで大切です。

症状の現れ方

 潜伏期間は5〜21日です。症状は、発熱、倦怠感(けんたいかん)、筋肉痛、腹痛、嘔吐、下痢、咽頭炎(いんとうえん)症状、胸骨背部痛(きょうこつはいぶつう)、咳(せき)、結膜炎(けつまくえん)症状、顔面浮腫、紫斑、意識障害で、後遺症として難聴(なんちょう)を残すこともあります。感染者での正確な発症率や死亡率は明らかではありませんが、感染者のおよそ80%が軽症のラッサ熱を、20%が重症のラッサ熱を発症すると推定されています。

検査と診断

 臨床症状だけでウイルス性出血熱を診断することは難しく、ウイルス抗原およびウイルスに対する特異的抗体検出によるウイルス学的検査に基づいて診断を下すのが基本です。

治療の方法

 治療は、対症療法(呼吸循環動態の維持、輸液・輸血、電解質補正など)が基本ですが、抗ウイルス剤のひとつであるリバビリンが、ラッサウイルスの増殖を抑制することが実験的に確認されています。発症早期にその薬剤が投与されれば治療効果を期待できます。
 日本の感染症法では、ラッサ熱は1類感染症に分類され、患者さんの治療は特殊隔離病室で施されます。