エボラ出血熱(エボラウイルス病)<感染症>の症状の現れ方

 潜伏期間は2〜21日です。血液を介するエボラウイルスの感染力は強く、針刺し事故ではほぼ100%の確率で感染すると考えられています。症状は、発熱、悪寒(おかん)、頭痛、筋肉痛、吐き気・嘔吐、胸痛、腹痛、咽頭痛(いんとうつう)、下痢、紫斑、吐血、下血、意識障害などです。死亡率は50〜90%です。

エボラ出血熱(エボラウイルス病)<感染症>の診断と治療の方法

 エボラ出血熱には特異的な治療法はなく、安静、ショックに対する治療、輸液・循環の管理などの対症療法が基本です。日本では、エボラ出血熱は感染症法で1類感染症に分類され、これらの患者さんの治療専用に設計されている病室に隔離し治療が行われます。