鼠咬症とはどんな感染症か

 鼠咬症はネズミ、とくにラットに咬まれることで起こる感染症です。非常にまれな病気で、病原体はモニリホルム連鎖桿菌(れんさかんきん)と鼠咬症スピリルムという2種類の細菌です。
 モニリホルム連鎖桿菌による鼠咬症は、ラット以外にもマウスやリス、あるいはこれらの齧歯類(げっしるい)を補食するイヌやネコに咬まれて発症することもあります。鼠咬症スピリルムの場合は、ほとんどはラットが原因です。
 ごくまれですが、汚染された水やミルクを介した集団発生もあります。

症状の現れ方

 モニリホルム連鎖桿菌の感染の場合は、通常3〜5日の潜伏期ののち、突然の悪寒(おかん)、回帰性を示す発熱(上がり下がりを繰り返す)、頭痛、嘔吐、筋肉痛などインフルエンザのような症状で発症します。
 90%以上の患者さんに、暗黒色の麻疹(ましん)(はしか)のような発疹が四肢の内側や関節の部位に現れますが、数日で消えます。また、痛みを伴う多発性関節炎を起こします。合併症としては心内膜炎、膿瘍(のうよう)の形成、肺炎、肝炎、腎炎、髄膜炎(ずいまくえん)などがあります。
 鼠咬症スピリルムでもほぼ同様ですが、関節炎を伴うことはほとんどありません。

検査と診断

 臨床的には診断は困難なので、実験室診断に頼らざるをえません。患部あるいは血液などの体液から、病原菌を証明することで診断します。モニリホルム連鎖桿菌は人工培地で培養できますが、近年はPCR(ポリメラーゼ連鎖反応)法で遺伝子レベルの診断も可能になってきています。私たちの研究室で行った調査では、国内で捕獲されたドブネズミの92%、クマネズミの58%が陽性でした。
 一方、鼠咬症スピリルムは人工培地での培養は成功していないので、動物へ接種したのち顕微鏡観察で菌の証明をします。
 ペスト野兎病(やとびょう)、結核猫ひっかき病、パスツレラ症、回帰熱ブルセラ症レプトスピラ症、淋病(りんびょう)、マラリアなどとの区別が必要です。

治療の方法

 ペニシリンが第一選択薬ですが、テトラサイクリン、ドキシサイクリンも有効です。

鼠咬症に気づいたらどうする

 ラットなどの齧歯類に咬まれた場合は、すみやかに傷口を消毒する必要があります。医療機関を受診し、ネズミなどに咬まれたことを告げ、適切な処置を受けてください。