蟯虫症<感染症>の症状の現れ方

 寄生している虫の数が少ない時は症状のないことも多いのですが、メスが産卵のため這い回るので、肛門周囲に強いかゆみを感じます。とくに小児では、お尻をかきむしって細菌感染の原因になったり、寝不足になることがあります。
 また、盲腸に寄生しているので、虫垂炎の原因になることもあります。

蟯虫症<感染症>の診断と治療の方法

 駆虫薬(くちゅうやく)(コンバントリン)の内服で治ります。