イヌ糸状虫症<感染症>の症状の現れ方

 咳(せき)、痰、胸痛、発熱があるといわれますが、ほとんどは無症状です。高年齢層に多く発見されます。

イヌ糸状虫症<感染症>の診断と治療の方法

 この虫は、見つかった時はすでに死んでいることが多いので、イヌ糸状虫症の診断がついていれば、あえて治療をする必要はありません。ただ、肺がんを否定しきれない時は外科的に肺を切除することがあります。