E型肝炎とはどんな感染症か

 E型肝炎ウイルス感染によって肝臓に炎症が生じ、肝細胞の破壊、肝機能の低下を示す病気です。通常、急性肝炎として発症・治癒し、慢性化することはありませんが、近年、臓器移植後のレシピエント(臓器受領者)という限られた症例において慢性化し肝硬変へ進展する場合があることが報告されています。
 主には、ウイルスに汚染された水や食品を飲食することにより感染します。本疾患は、アジアやアフリカなどの衛生環境不良な発展途上国で流行する急性肝炎であり、先進国では、発展途上国への旅行者が持ち帰る感染症と考えられてきました。
 しかし、渡航歴のないE型肝炎症例の解析などから、日本にすみ着いたウイルスが存在すること、ブタ、イノシシ、シカなどの肉やレバーを生で食べることにより感染すること、輸血による感染も存在することなどが近年明らかにされてきています。
 感染症法上、届け出対象となっており、年間40〜70例の発症が報告されています。

症状の現れ方

 感染後、2〜9週間(平均6週間)の潜伏期間をおいて、発熱、倦怠感(けんたいかん)、食欲低下、吐き気、腹痛などの消化器症状を示し、血液検査上、肝細胞の破壊を示す肝酵素の上昇、肝機能低下による黄疸(おうだん)が出現します。
 通常、1〜2カ月の経過で完治しますが、まれに重症化、劇症化することがあり、1〜2%の死亡率を示します。また、妊娠後期に感染すると劇症化率が高いという特徴をもち、死亡率が20%に達します。

検査と診断

 急性肝炎の診断は、血液検査において肝酵素が急激に上昇することによります。ウイルス感染初期にのみ出現するIgM型やIgA型のE型肝炎ウイルス抗体ないしE型肝炎ウイルスの遺伝子が検出されれば、E型急性肝炎と診断されます。

治療の方法

 E型肝炎特有の治療法はなく、急性期には入院、安静臥床を原則とし、自然治癒を待ちます。劇症化した場合は、それに応じた治療が行われます。食欲がなく経口摂取不能な場合は、ブドウ糖、ビタミンなどの輸液が行われます。なお、感染予防のためのワクチンはいまだ開発されていません。

E型肝炎に気づいたらどうする

 発症前後の糞便にはウイルスが排出されるため、家庭内では手洗いを念入りにして排便後の衛生管理に注意を払う必要があります。