サルモネラ食中毒<食中毒>の症状の現れ方

 下痢、腹痛、嘔吐、発熱を主とした急性胃腸炎で、汚染した食品を摂取してから12〜48時間程度の潜伏期をへて発症します。ただし、潜伏期間や症状は、摂取した菌の量や患者さんの健康状態、年齢によって変化します。たとえば、小児では比較的少ない菌量でも発症し、場合によっては激しい下痢、強い腹痛、血便などの重い症状を示すこともあります。また、小児に限らず敗血症(はいけつしょう)などを起こして死亡することもあります。

サルモネラ食中毒<食中毒>の診断と治療の方法

 感染初期や軽症の場合は、整腸剤や補液による対症療法を行います。しかし、重症化した場合は抗菌薬投与による治療を行います。菌によっては耐性を獲得して抗菌薬が効きにくい場合もありますので、注意が必要です。