水俣病<中毒と環境因子による病気>の症状の現れ方

 主要な症状は、四肢末端を中心とする知覚障害、小脳性運動失調、求心性視野狭窄、中枢性聴力障害および構音障害(言葉の発音の障害)です。また、母親が妊娠中に摂取したメチル水銀が胎盤を経由して胎児に移行、発症したのが胎児性水俣病です。脳性小児麻痺に似た症状を来す胎児性の水俣病も、50名以上が確認されています。