食物アレルギー<アレルギー疾患>の症状の現れ方

 即時型では、腹痛・下痢などの消化器症状やじんま疹・顔面腫脹(しゅちょう)などの皮膚症状、鼻炎、結膜炎(けつまくえん)、気管支喘息(ぜんそく)症状、のどの詰まる感じ(喉頭浮腫(こうとうふしゅ))などが現れます。さらに重症になると血圧が低下し、アナフィラキシーショックを起こします。果物などのアレルギーでは初めに口唇のはれや口内のかゆみがみられ、口腔アレルギー症候群と呼ばれます。
 遅延型では食べ物によりアトピー性皮膚炎などの湿疹が悪化したり、下痢をすることがあります。

食物アレルギー<アレルギー疾患>の診断と治療の方法

 原因となる食べ物を食べないようにするのが最も良い方法です。しかし、小麦や卵など多くの食品に含まれているものでは完全に除去するのは難しい場合があり、非吸収性の抗アレルギー薬(クロモグリク酸など)を食前に服用して症状が出るのを防ぎます。
 症状が出た時は、対症療法として抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬を内服し、湿疹の悪化にはステロイド外用薬を塗ります。
 気管支喘息アナフィラキシーショックの治療については、該当する項目を参照してください。