薬物アレルギー、薬疹<アレルギー疾患>の症状の現れ方

 薬剤を用いてすぐに症状が現れる場合と、使い続けて1〜2週間後に初めて、薬剤によってはさらに遅れて、症状が現れることがあります。
 麻疹(ましん)や風疹(ふうしん)のような細かい赤い斑点が全身にみられるもの、じんま疹や湿疹、日光に当たる部分だけが赤くなる光線過敏症、薬を用いるたびに同じ場所が丸く赤くなり、色素沈着を残す固定薬疹などが多くみられます。
 重症なものでは、発熱とともに大きな赤い斑点が全身にみられるものや水ぶくれをつくるもの、さらにそれらの皮膚症状に加えて結膜や唇などの粘膜に症状を伴うもの(スティーブンス・ジョンソン症候群)、皮膚の広い部分がびらんになるもの(中毒性表皮壊死症)などがあります。また、肝臓や腎臓の機能が悪くなることもあります。

薬物アレルギー、薬疹<アレルギー疾患>の診断と治療の方法

 軽症では疑われる薬剤を中止するだけで、症状が消えます。症状が強い場合は抗ヒスタミン薬やステロイド薬を使います。とくに重症な場合は、入院してステロイド薬の点滴が必要になります。