●農夫肺(のうふはい)
 農作業に従事する人に起こる慢性型の過敏性肺炎です。
 サイロの干草に好んで繁殖する好熱性放線菌(ほうせんきん)類(カビ胞子の一種)の胞子を吸入して発病します。

職業性鼻(しょくぎょうせいび)アレルギー

原因は何か

 基本的には一般の鼻アレルギーと差はみられません。抗原の種類や量によってその頻度はさまざまですが、同じ職場環境での発症は数%〜十数%程度との報告が多くみられます。成人では約24%に気管支喘息(ぜんそく)を合併し、職業性鼻アレルギーの約40%に眼アレルギーを合併するといわれています。
 職業性アレルゲンの種類は多く、植物性、動物性粉塵(ふんじん)、薬物、化学物質および花粉胞子などが多く認められます。なかでもビニールハウス内での野菜・果樹の栽培者や、果樹の人工交配の作業者には鼻アレルギーが目立ちます。

症状の現れ方

 くしゃみ、水様鼻汁、鼻閉が3主徴です。喘息の場合と同様で、職場集積性があり、作業との因果関係が認められます。就業から発病までの感作(かんさ)期間は抗原の量、質、アトピー素因などが関連します(米スギなどでは3年2カ月と報告されている)。刺激物質であれば、就業当初から症状が現れることもあります。

検査と診断

 職場での環境が重要で、さらに鼻鏡所見、鼻汁中の好酸球(こうさんきゅう)の存在、皮膚テスト、特異IgE抗体が陽性になること、鼻誘発試験などで診断を確定します。
 診断基準として、(1)くしゃみ、鼻水、鼻づまりの3主要鼻症状があり、それに眼・皮膚・下気道症状が合併することが多い。(2)この症状は作業と因果関係がある。(3)職場集積性がある。(4)発症までに感作期間がある。(5)アレルギー素因が感作に関係する。(6)アレルギー症状だけでなく、鼻鏡所見、鼻汁好酸球検査、職場抗原抽出物による皮膚テスト、誘発テストが陽性であり、血清抗体が証明できる。 などがあげられています。

治療と予防

 対象療法として抗ヒスタミン薬、吸入ステロイド薬が用いられます。また、抗アレルギー薬も有用です。抗原が明確な場合ではアレルゲン免疫療法(減感作療法)も有効性が高く、予防に関しては喘息とほぼ同じです。

職業性皮膚(しょくぎょうせいひふ)アレルギー

原因は何か

 職業性皮膚アレルギーの種類は多岐にわたり、その出現頻度も報告によって大きく異なっていて、国、地方、年度によっても異なります。職業としては医療関係、化学工業、植物を扱う職業、理容美容業、カラーフィルム現像、建築業、農業などに多くみられ、抗原物質としてはクロム、ニッケル、合成樹脂、植物、木材、色素(パラフェニレンジアミン、アニソールなど)、薬品(ペニシリン、テトリルなど)が代表的です。
 日本で最近注目されているものとしては、美容師皮膚炎、野菜(レタス、タマネギ、セロリ)による皮膚炎、コピー用紙を取り扱う人にみられる皮膚炎などがあります。

症状の現れ方

 多くの場合、アレルギー性接触皮膚炎の形をとります。部位としては手が圧倒的に多く(90%)、ついで顔が多くみられます。抗原物質に接触後、皮膚が赤くなる紅斑に始まり、丘疹(きゅうしん)、小さな水疱(すいほう)、あるいはびらん(皮膚のただれ)などを経過して、最終的には落屑(らくせつ)となって治癒に向かいます。
 職業性の場合は、抗原物質との接触が頻回で長期にわたることが多いので、慢性化することが少なくありません。

診断・治療と予防

 抗原物質の証明として、パッチテスト(貼布(ちょうふ)試験)、光パッチテスト(光貼付試験)を行います。
 治療は抗原物質との接触を避けることが重要です。保護用手袋の使用を心がけ、局所的にはステロイドを含んだ軟膏を使用します。ただし、顔面にはフッ素を含んだステロイドは使ってはいけません。全身的には抗ヒスタミン薬、消炎薬が使われます。急性炎症症状が全身に及んだ時は、ステロイドの内服を行います。